警察のアドバイス

警察のアドバイスが効果的

何と言っても警察のアドバイスが一番効果があると思います。
警察のホームページなどにもこのような
錠破り対策を載せているところが多いので参考にするべきでしょう。
いくつかピックアップをしてみます。
やはりドアに関しては錠破り対策の最も一般的な対策が
ワンドア・ツーロックだと書いてあります。

錠が2つ以上付いていれば、侵入に要する時間も2倍以上かかることになります。
ドロボーは侵入に時間がかかる家はあきらめるということです。
これは今まで犯罪者を実際に相手してきた警察の言うことですからとても信ぴょう性があります。
泥棒に2倍3倍の手間をかけさせるようなものを付ければ
実際にはそんな手間はかけずに他に行くということですね。

窓やサッシに付いているクレセントも、近くのガラスを破壊し、手を差し込んで外す手口が
多いことから、クレセントから離れた上部などに補助錠を取り付けましょうとのこと。
クレセントとは窓のかぎのことで一般的なものはつまんで回す半円形をしたものでしょう。
そこにロックのついたものも多いですが、窓を切り取って手を入れられたら意味が
成しませんから、上部や下部の遠いところに補助キーを付けるのはとても有効だと思います。

面付け箱鍵

面付け箱錠という錠があるそうです。これはドアの室内側の面に錠の機構が
入った箱型のケースを取り付けるタイプだそうで、ノブとカギ穴が別々なのだそうです。
外側からはカギ、内側からはサムターンを回して施・解錠する形となっています。
このタイプの防犯性能はとても高い防犯性能を有しているということです。
施錠時にドアのすき間からカンヌキが見えなくなるため、こじ開けにも強い錠と言われています。

考えてみたら自宅もこのタイプでした。
普通の丸くなっている物に比べたら、確かに見た目に頑丈そうで、簡単には壊れなさそうです。
以前住んでいたところの普通のドアノブはいかにも
すぐに壊れそうでぐらぐらしていたのを思い出します。

普段から心がけるべきことに触れたうえ、
近所づきあいも極めて有効な防犯対策の一つになっており、
もし仮に不審者を見つけた時、隣人を知っていれば不審な人間だと一発で分かります。

このことは以前書きましたから、
とても有効な手段であるということの再確認をしたことになりますね。