1. >
  2. >
  3. オートロックは安全?メリットとデメリットを紹介

オートロックは安全?メリットとデメリットを紹介

オートロックの種類は何があるのか

近年ではオートロックマンションも増えてきており、一人暮らしを始める方の多くがオートロックがあるかどうかで物件を探す事も多いのではないでしょうか。
ただ、オートロックといってもいくつか種類があるため、どういった種類があるのかを知っておいた方が選びやすくなります。

オートロックの種類には、集合キー式、暗証番号式、カードキー式、指紋認証式といったものがあります。
それぞれのメリットを知っておけばより選びやすくなるので、オートロックの種類ごとのメリットやデメリットを知っておきましょう。

集合キー式のメリットとデメリット

集合キー式のオートロックのメリットとしては、部屋の鍵と同じ鍵で共用玄関の扉を開ける事ができるため、鍵が一本で済むという点がまず挙げられます。
複数の鍵が必要になると管理が難しくなりますし、もし無くしてしまった時の手続きも面倒になってしまいます。

一方でデメリットとして、合鍵などが作りやすく一本の鍵の合鍵を作るだけで共用玄関だけでなく部屋まであけられてしまう可能性があるという点があります。
ただ、これはオートロックに限らず通常の鍵でも考えられるデメリットですから、そこまで大きなデメリットにはなりません。

暗証番号式のメリットとデメリットとは

暗証番号式のオートロックは、暗証番号を知っていればいいので鍵の管理が必要なく、さらに紛失してしまうリスクもありません。
さらに合鍵を作られてしまうというリスクもないなど、鍵を使う場合に比べてセキュリティの信用度はとても高くなります。

ただ、一方で暗証番号を忘れてしまえば自分も入れなくなってしまいますし、何度も間違うと一定時間待ってからでないと入れなくなるなど、暗証番号を覚えるまで使いにくいという点がデメリットとなってきます。

またメモに暗証番号などを書いてしまうと、そこから暗証番号が漏れる危険もあるなど鍵とは違った部分での危険もあるので注意が必要です。

カードキー式のメリットと注意点

カードキー式のメリットは何といっても持ち運びがしやすいという点で、財布のカード入れに入れておけば簡単に持ち運びができます。
また合鍵が作られる心配が非常に少なく、さらに誰が入退室したのかという履歴も見やすく防犯面でとても安心できるという点もメリットとなります。

デメリットとしては紛失してしまった時の再発行に手間と費用がかかる、ちょっとした破損で使えなくなってしまうので保管する時に気を付ける必要があるといった点が挙げられます。
ただ財布と一緒に持ち運ぶようにしておけばそう簡単に紛失する事はありませんので、リスクは少なく防犯面での信頼度も高いオートロックとなっています。

指紋認証式とは?

指紋認証式オートロックは、近年導入されることが多くなってきているオートロックです。
そのメリットとしては鍵の複製がほぼ不可能である事から高い信頼性があり、さらに鍵が必要ないので持ち歩く事による紛失リスクも回避できるといった点があります。

デメリットも手が汚れていた際に読み取れない場合があるといった程度ですので、大きなデメリットが無いのも魅力となっています。
しかしまだ導入しているマンションは少ないため、指紋認証式の物件を見つけようとすると立地までこだわるのが難しくなっている場合もあります。

インターネットなどを利用して探すと見つけやすいので、もし指紋認証式オートロックの物件を見つける時にはきちんと考えておきましょう。