1. >
  2. >
  3. 錠破りピッキング被害を避ける為に鍵の増加を考える
ピッキング被害

錠破りピッキング被害を避ける為に鍵の増加を考える

ピッキング被害

ピッキング被害

最近、空き巣被害がどんどん増えています。
毎年その数は増加し、他人ごとではなくなってきました。
鍵の種類がたくさん増えてきて、防犯に関するグッズもたくさん出回っているにもかかわらずです。
原因は、対策の甘さにあります。
正しい対策の為に、まず空き巣の手口をしっかりと理解しておかなければなりません。
まず空き巣がどんな手段を使うのでしょうか。
一つ目がピッキングです。
おそらく、一番メジャーな手口です。
テレビで見たことがあるかもしれませんが、針金のような道具を使ってシリンダーに差し込み、鍵を開けます。
確実に常習犯の仕事です。
見た目を全く傷つけることなく扉を開けることが可能です。
とりわけ昔の鍵をしようしている場合、数分もかからずに開けられてしまいます。
また、サムターン回しも一般的です。
ピッキングの様にシリンダーから直接鍵を開けるのではなく、鍵穴の近くに工具を使って小さな穴を開けます。
そして針金、工具を用いてドアの内側のつまみを回転させることで鍵を開けます。
つまり、外側にいて、中側から鍵を開けるという方法です。
そして、力ずくでのこじ開けもられる、なんていう被害もあります。
自動販売機などが良く被害に遭っていますが、バールなどの工具を使って鍵が届かないところまで、こじ開けてしまうパターンです。
被害が大きいので、ドアから何から変える必要が生じてしまいます。
これらの鍵破りの方法を用いて空き巣が侵入します。
空き巣が使う方法を理解して始めて、正しい防犯ができるのです。
一番簡単な防犯方法は、防犯カメラの設置です。
設置してあるだけで、空き巣は嫌がります。
例えそれがどれだけ安いものだとしても、カメラが付いているのはめんどくさく感じ、避けられます。
そして垣根が高いのも危険です。
一見安全な感じがしますが、要は中に入ってしまえば、何をしていても誰にも見られることも気付かれることもありません。
空き巣にとっては作業がしやすい環境なのです。
ですから、玄関の周りは逆に見晴らしが良い状態を保つ必要があります。
影になったり高い植物を植えたりせず、すぐにうちの中からも、周りからも誰か来たら気付く様にしておかなければなりません。

狙われやすい古めのシリンダー

またピッキングの場合は、古いシリンダーのタイプが狙われ安いので、シリンダーごと、新しいタイプに交換できます。
そうすると簡単に開けることができません。
また、もう一つ鍵を増やすのも効果的です。
調査によると、空き巣はドアの鍵を開けるのに、時間がかかればかかるほど、あきらめる傾向にあることが分かっています。
つまり、単純に鍵の数を増やせば、開けるのに倍の時間がかかります。
そうすると、見つかる可能性も当然高くなるので、そういった家は向こうが避けていくのです。
そういった防犯意識を高めることで家を守ることができます。
古い家であっても、鍵の増設はすぐにでき、しかも効果的な方法の一つなので、真剣に考えるべきことです。
大切な家族と財産を守ることができるからです。
空き巣の手口も確かに巧妙になっていますが、確実に防げるのです。