物騒な世の中だから鍵交換で防犯対策

鍵交換

自分の家の近所で空き巣があったなんて聞いたりしませんか。
最近は、それぞれの警察でメールマガジンを発行していたりするんです。
登録すると、登録した警察署管内で起きた空き巣やひったくりなどの事件の情報を
知らせてもらえたりします。

無料で登録できるので、登録している人も多いようです。
どんな事件が自分たちの身近で起きているのかを知ることができれば、
普段から気を緩めてはいけないって思えていいのかもしれません。
隣に誰が住んでいるのかもわからない場所に住んでいる人は、
特に気を引き締めて生活をしないと、事件に巻き込まれる可能性が高いといってもいいでしょう。

地域ぐるみで防犯対策することはとても大事なことですが、
自分一人で行うことも忘れないようにしましょう。
今、自分の家で使っているのは、どんな鍵だかわかっていますか。
マンションに住んでいる人の場合、前の人と同じ鍵ということもあるんです。
引っ越してくるときに、大家さんに鍵のことを聞いてみて、
鍵交換してもらうようにしてください。
空き巣に入られた人の中で、犯人が前の住人だったということはよく聞きます。
鍵さえ交換しておけば済むことだったというわけです。

新しいタイプのカギへ変更しましょう

また、簡単に開けられてしまうような鍵でもダメです。
空き巣は、鍵を開けるプロといってもいいでしょう。
古いタイプの場合は、すでに空き巣の中でどうやって開けるのかが知れ渡っていますから、
簡単に、ものの数秒であけられてしまう可能性が高いんです。

だから、新しいタイプに変える必要があります。
これは、マンションやアパートだけではなく、一戸建てであってもまったく同じことです。
古い鍵は、早く新しいタイプの難しい鍵に交換してください。
マンションやアパートに住んでいる人は、大家さんと相談したり、
ドアに穴を開けなくても取り付けられる鍵を利用するといいでしょう。

ワンドアツーロックという言葉があり、
一つのドアに二つの鍵を取り付けると空き巣に狙われにくくなるんです。
一つだけ開ければ済むところを二つも開けなくてはならないということは、
手間がかかるということで空き巣があきらめてしまいます。

同じ理由で新しい、難しい鍵も鍵穴を見るだけで難しいことがわかるので、
空き巣は簡単に開けられる家を探しに行ってしまうというんです。
鍵って空き巣に狙われるか狙われないかが決まることがあります。

もちろん、ほかにも空き巣が狙う条件はいくつもあるのですが、
鍵が開けやすいかどうかは大きな分かれ道といってもいいでしょう。
鍵交換であれば、自分の家だけでできるので、早めに手を打っておいてください。
ホームセンターにもたくさん売っていますし、鍵屋さんに頼むのもお勧めです。

最新式であれば、まず空き巣はあきらめるでしょう。
防犯対策を考えたら、まずは、鍵から考えてください。
家の中に入られないことが重要です。
空き巣対策をして、自分の家を守ることです。
女性の一人暮らしなら余計に必要なことでしょう。