国内製の特殊な鍵は防犯性能が高い

特殊な鍵

一般家庭の玄関ドアの鍵は、ほとんどシリンダー錠が使われています。
物理的に施錠及び解錠ができるもので、シリンダー内には外筒と内筒があり、
適合するキーを回転させると内筒が回転し解錠できるものです。

近年ではピッキングによる解錠は難しいと言われていますが、
構造上ピッキング被害に遭う可能性は決して否定できません。
また業者用のピッキング工具が販売されており、ネットでの購入も不可能ではないのです。
そしてシリンダー錠の中にはキーの複製が容易に出来るものがあります。

複製が不可能なものは登録証を提示し、メーカーに作成依頼をしなければなりませんが、
しかし技術的に複製できてしまう製品もあるのです。
こうしたピッキング被害やキーの複製被害を避けたいのであるなら、特殊な鍵を利用すべきです。
国内製のものに限れば、非接触型IC番号の認証により、施錠と解錠ができる製品になります。
ドアのアンテナとキーのIC番号を電波により電気的に照合しますので、
キーをシリンダーに差し込む必要はありません。
キーを所持し近づくと自動で解錠され、ドアから離れると自動で施錠されるのです。

しかしこの鍵では通常のシリンダーも付いています。
ピッキング対策にならないと思われるかもしれませんが、そのような事はありません。
シリンダーは通常蓋で隠されており、蓋を外すと、
アラームが鳴るシステムになっているからです。

このシリンダーは何に使われるかというとドアに供給されている電力が落ちた時に、
手動で解錠できるようにするためです。
ドア側とキー側で電磁波で通信しなければ、解錠・施錠ができません。
そのためドア側は電気供給され、キー側は電池を必要としているのです。
ドア側の通電が遮断されたときに電気的な解錠は不可能になり、
そこでシリンダーが役に立つのです。

スマートキー

スマートキーの複製はIC番号がキーに刻み込まれているため、
物理的な複製が出来てもIC番号をコピーすることは困難になります。
キーそのものとキーに対して番号を刻む装置が必要で、入手は容易ではありません。
シリンダー錠の一部で起こるようなピッキング被害や複製被害の可能性は、
限りなく確率が小さくなる筈です。

このようなスマートキー製品は、多くの鍵販売業者から販売されていますし、
また別の特殊な鍵も流通しています。
主に事業所に使われるものは室外から入室する際に、
暗証番号を押して入れる製品で、キーを差し込む穴は存在していません。
従ってピッキングの被害に遭う可能は皆無であり、
キーの複製をする必要性はまったくありません。
またボタン解錠は機械的に行われるため電子制御する必要がないので、
従って停電時にも使えます。

暗証番号による解錠は、番号さえ覚えられれば誰でも侵入可能になります。
これを問題視するかもしれませんが、この製品は暗証番号を適宜変更できるのです。
人員変更字や不用意に人前でボタンを押下したときに、変更すればその対処になります。