1. >
  2. >
  3. 狙われやすいタイプの鍵

狙われやすいタイプの鍵

狙われやすい

狙われやすい鍵のタイプ

遥か昔から、人々は中にあるものを守る為に鍵を使ってきました。

ただどんなタイプの物でも中の物を守ることができるわけではなく、中には鍵破りをする人がいてそこから大切な物を盗んで行ってしまう事があります。
しかもその手口は年々巧妙化しているため、家の中の物を守る為にもどういう手口で鍵破りが行われてしまうのかを知っておくべきでしょう。

現在良く知られている鍵破りの手口の一つがピッキングです。
これは非常に有名な方法で、それを防ぐ為の物とかも多くありますが実は元々は空き巣用の技術ではありませんでした。

元々は鍵をなくした人の為に開錠するための技術だったのですが、いつしか鍵破りのもっとも有名な手口となってしまったのです。

また最近良く聞くのがサムターン回しでしょう。
こちらはドアノブの近くにある内側からかける事が出来る鍵(サムターン)を開けてしまう事を指します。
方法としてはドアポストの破壊や鍵穴近くにドリルで穴をあけてそこから専用の工具を入れてサムターンを回してしまう事になるのです。

またこのように色々と細かい事をするのではなく、力わざで鍵破りをしてしまうのがドア鍵破りです。
こちらはドアの隙間にバール等を差し込んでこじ開けてしまう方法となっています。

ワンドアツーロック

さて、これらの鍵破りに関しては、やはりまずはワンロックの所が非常に狙われやすくなっています。
鍵穴の数が増えれば増える程鍵破りにかかる時間が長くなるために、少なくともワンドアツーロックにするのがお勧めです。

またサムターンは非常に便利な物ですが、簡単に回されてしまう物なので注意が必要でしょう。
ディスクシリンダーも非常に開けやすい鍵で、プロの手に掛かると10秒程度であけられてしまうので注意しましょう。
ちなみにこのディスクシリンダーですが、実は非常に多く出回っている鍵となっています。
その為、多くの賃貸物件等でもこれを使っているので、もしこの鍵を玄関に取り付けているところがあったら他の方法で防ぐようにしましょう。

また今回ご紹介した鍵破りの手口以外にも色々な手口があります。
その方法はかなり巧妙化されてきていて、思っている以上に空き巣被害に遭ってしまう事も少なくありません。

自分の家は大丈夫、空き巣になんて入られる事はないと思っているのではなく、万が一のことを考えて様々な鍵破りの手口、そして狙われやすい鍵のタイプをしっかりと理解しておくのが重要です。
また狙われやすいと分かった時は、早急に対策を講じるようにしましょう。