鍵破りの被害にあった時の対処法

鍵破り被害

犯罪にも様々な種類がありますが、外出中に空き巣に入られてしまうという被害もとても多いものです。

空き巣は窓からも侵入しますし、施錠せずに外出してしまった場合は堂々と玄関から入られてしまうこともありますので、短時間の外出であっても施錠はしっかり行うよう心がけましょう。

そして施錠を行っていてもやはり被害に遭ってしまうこともあります。
鍵破りではサムターン回しやピッキングなど様々な方法がありますが、古いタイプのカギを使っている場合はそういった被害に遭いやすいものです。

そして賃貸住宅などでは、鍵を替えていないことも多く、別の第三者が合鍵を持っていることもあります。
鍵破りの被害に遭った場合は、まずは被害状況を調べ、警察に届け出をしておきましょう。

そして、こうした被害はまた起こるかもしれませんので、防犯対策をより強化しておくことが大切です。

鍵破りの被害に遭った場合、そういった鍵を使い続けることはまた同じ被害に遭う可能性も高いものがあります。
鍵の交換は少し費用もかかりますが、手軽に行える防犯対策ですので、まずは鍵の交換を考えていきたいものです。

最近は実に様々なタイプのカギがあり、鍵穴のないタイプやカードを使って解錠するものなども登場しています。
まずは鍵の専門業者に相談し、どういったタイプの鍵が防犯性に優れているかアドバイスしてもらうと良いでしょう。

良いものはそれだけ値段も高いことも多いですが、長く使っていくものですし、今後同じ被害に遭わないためにも選ぶときはできるだけ安全性の高い商品を選んでおきましょう。

補助錠

同じ犯罪者がまた侵入しないとも限りませんし、できるだけ工事も早く行っておくことがおすすめです。

そしてさらに補助錠なども作っておけば、より防犯性も高まります。
犯罪者は5分以内に侵入できなかったら、あきらめるといわれていますが、防犯対策をしっかり行っている家は最初から狙わない傾向にありますので、防犯性の高い鍵をつけておくことはそれだけで犯罪防止効果も期待することができます。

そして玄関はとても大事な存在ですが、それだけではなく窓の防犯対策など家の様々な部分の防犯についても改めて見直しておきましょう。

そして新しい鍵を作っても、不用意に人に預けたりしないよう、管理はしっかり行っておくことが大切です。

さらに家に人がいるときも施錠をしていなければ侵入されてしまうこともありますので、油断せず、鍵はかけておきたいですし、ドアチェーンなどもつけておくと良いでしょう。