サムターン回し対策

具体的な対策

サムターン回しの対策にも具体的な細かな対応から考えると、
サムターンをどうするかということになると思います。
単純にサムターンを回りにくくすれば大丈夫なのでしょうが、
そのせいで普段の利用がとても使いにくいものになってしまったら
あまりうれしくはありませんでしょうから、良いものが望まれると思います。

まず、サムターンをカバーするものが考えられます。
マンションなどでは最初からこのカバーが付いている錠も多いのではないかと思いますが、
プラスチックの透明な円筒形の物がサムターンを覆っていたりします。後付することも可能でしょう。
あまり弱いものだと壊されてしまうでしょうが、
ある程度しっかりしていれば、犯人も壊すのをあきらめるでしょうし、
最初から狙わないかもしれません。
サムターンをロックする物もあるそうです。そのロックの構造にもよりますが、
時間をかけてそのロックを解除してそれからサムターンを回すなどという
二度手間はよほどこだわったものが無い限り犯人もしたくないでしょうから、かなり有効でしょう。

形状を変更する対策

サムターンの形状を変えてしまう対策もあるようです。
外から細長い器具を挿入して行うサムターン回しは特殊な形状のものは回しづらいでしょう。
その考えられた形状でサムターン回しを防げれば普段の利用もあまり手間がかからなくていいでしょう。
また、特殊な方向に力を入れながらサムターンを回す方法も有効だということです。
一般的に言えば押しながら回すというものが多いでしょう。
これも器具によるサムターン回しをし辛いものにしたものです。
普段の生活にはひと手間余計に必要ですが、
この手間は大した手間ではないと思いますから、問題ないでしょう。

また、サムターン回しはその器具が入れられてしまうところが大きな問題になると思います。
器具が入れやすいような郵便受けやのぞき穴といった隙間が大きければ大きいほど
サムターン回しは簡単になります。
極端に言えば腕が簡単に入るような隙間があったらどんなにサムターンに工夫を施しても
簡単に開けられてしまうでしょう。
そんなことへの対策もあります。

マンションなどのドアに開けられた郵便受けから器具を差し込めないようにするカバーもあります。
ドアの隙間をふさぐものもあります。
のぞき穴が外側から外せる物はやはりサムターン回しの被害に遭うそうですから、
これを交換するのも対策になります。
また、器具の侵入を感知するセンサーなども対策になるでしょう。
サムターン回しで侵入しようとする犯人は侵入を気づかれたくない思いが強いと思います。
その侵入に気付いたことを知らせるだけで、
犯人は侵入をあきらめて逃げていくのではないかと思うのです。

このように色々な用具を用いてサムターンが簡単に回せないようにする対策ができます。
それ以前にサムターンをなくしてしまうということも一つの対策としてとれると思います。
その場合にどうやって内側から鍵を開けるかということも含めて総合的に考えるべきでしょう。