泥棒が好きな家

泥棒の好きな家ってどんな家?

実は、泥棒が好きな家のタイプというものがあります。
泥棒が「この家に入りたい」と思うようなポイントって何なのでしょうか?

ここで、泥棒が好むタイプの家についてお話をしてみましょう。決して好かれたくないものですが、泥棒に好かれてしまう家というものが存在することが現実です。
できれば、泥棒なんかから好かれたくない!と思う人も多いと思いますが、自分の家が泥棒に好かれる家かどうかをチェックしておきましょう。

格子がない窓がある

窓に格子があるかどうか、それはとっても大事です。
窓に格子があるだけで泥棒が入りにくくなるというメリットがありますので、格子があるというのは重要。
窓の鍵を開けることができたとしても、格子を外すことができなければ中に入ることはできないでしょう。
格子を壊して入るとなれば、それこそ大がかりな作業が必要になりバレやすくなります。

そんなリスクをおかしてまで中に入ることはありませんので、やはり窓に格子があるかどうか、というのは重要であることが解りますね。

郵便受けや洗濯物もみています

例えば、郵便受けの中に何日も郵便がたまっているとか、洗濯物が夜も干しっぱなしとか、そういう家は狙われやすいと言われています。

今日日、個人情報を保護するのは非常に重要なことだと言われていますから、住所や電話番号が解る様なものはしっかり隠すというのが常識。にもかかわらず、何日も手紙が置きっぱなしであるということは「謀判に関する意識が緩い」ということにつながります。「わかるなー」という人、いませんか?

また、洗濯ものに関しても同じことが言えます。
洗濯ものを干しっぱなしの家庭も、「ルーズだ」という印象が強いので、泥棒に狙われやすいのだとか。
これも、なんとなく理由が解りますよね。もし、これらのことに「覚えがある…」などと思っている人は注意してくださいね。郵便受けの手紙はきちんととっておく、洗濯物はきちんとしまっておくということを徹底しましょう。

近所づきあいが少ない家

近所づきあいがあると、相手の行動を自然とみるものです。
でも近所づきあいがない人だと、ちょっと変わった人がその家の周辺にいても気づかないし、あまり気にしません。

これが、泥棒にとっては好都合なのです。泥棒をしても、気にする人がいなければスムーズに逃げられる。
泥棒は前からその家の下見を行っていますので、近所づきあいが少ない家に関してはチェックをしていると思ってください。近所づきあいがあまり活発でない地域に住んでいる人は、やはり気を付けなければなりません。日ごろから気を付けていきたいですね。近所の人と挨拶をするくらいのことでも十分ですよ。