1. >
  2. >
  3. 狙った理由
狙いやすい家

狙った理由

狙いやすい家

泥棒はどうしてその家を選ぶのか

気になるのは、「泥棒はどうしてその家を選ぶのか」ということです。
泥棒って、何か家に気になることがあってその家を選ぶのでしょうか。
実は、泥棒はきちんと下見をした上で狙いを定めてその家を選んでいます。
では、泥棒はどうしてその家を選ぶのでしょうか。
泥棒がその家を選ぶポイントについて、考えてみました。

家の造りがポイント

まず、何より重要になるのが「家の造り」です。
家がどの様な構造で作られているのかで、泥棒の入りやすさが決まると言われています。
例えば、家と家の間がすごく離れている田舎。こういう家だと人目に付きにくくなりますから、やはり泥棒に入られることが多くなると考えて下さい。

また、家がみっしりと並んでいるところでも、庭に大きな壁や木々があって見えにくいという場合は泥棒に狙われやすくなってしまいます。庭にたくさんの木や塀があるということは、それだけ身を隠すことがしやすいということ。つまり、泥棒が身を隠しやすいために狙われるのです。

ドアや窓を破るのに時間がかかったとしても、周囲を木々が覆ってくれていれば周囲を気にせず入り込むことができます。そこがもし、留守のお宅だったとしたらますます入りやすいですよね。
この様に、家の造りによっては「泥棒に入ってくださいと言っている様なつくり」であることも多いので、気を付けなければなりません。

逃げやすい場所かどうか

やはり、泥棒は「万が一のときの逃走ルート」の様なものを確保するようです。
つまり逃走ルートが確保しやすい住宅に関しては、泥棒に入られやすいということ。
近くに人目につかない道路があるとか、複雑な道で追いかけにくいとか、そういうことがある住宅は特に要注意です。泥棒が逃げやすい家というのは存在しますからね…。

マンションは、足場があるかどうか

「マンションだったら泥棒が入りにくいだろう」と思う人もいるかもしれません。
でも、実は「マンションでも泥棒に入られやすい家」というのが存在します。

例えば、マンションのベランダに足場があるかどうか。マンションのベランダにつたっていくことができるような足場があると、そこを伝って侵入をすることができますので、決して安心はできません。

また、ちかくにハシゴなどを置いている家はありませんか?
もしあるとすると、それを使ってベランダへ入る人が出てきますので注意しなければなりません。

実際、マンションのベランダに梯子を使って侵入し、そこから窓をやぶったという例はいくつもあります。つまり、油断はできないということ。マンションの近くにハシゴなどが放置してある場合は、片付けておくことをオススメします。自分の家のものではなかったら、「片付けて下さい」とお願いするのも手ですね。