防犯カメラ

防犯カメラの効果って?

防犯カメラ家の防犯に効果があるといえば、やはり「防犯カメラ」でしょう。
みなさんの中にも、防犯カメラに興味がある人は少なくないのではありませんか?

防犯というと、やはり防犯カメラを取り付けて様子をみるという人は少なくないですよね。
でも、実は防犯カメラに関しては効果も未知数と言われていて、つけたからといって必ずしも防犯効果が上がるとは限りませんし、むしろ防犯にならないこともあるそう。

そんな防犯カメラ事情について記述をしてみましょう。

偽物の防犯カメラは効果なし

まず、偽物の防犯カメラは効果なしと言われていることを頭に入れておいてください。
よく、防犯効果があると信じてダミーカメラを取り付けている家がありますよね。
しかし、プロの泥棒というのはダミーカメラとそうでないものの区別がついてしまいます。

まるで本物の様にできていてもダミーの防犯カメラというのは特徴があるもの。実際、ダミーの防犯カメラとして販売されているものがネット上にたくさんありますので、これを見れば「これと同じ防犯カメラはダミーカメラだ」と見抜くことができますよね。そういうことがありますので、ダミーカメラを使うのは危険なのです。

また、泥棒の中には「ダミーカメラを使う程度の防犯意識なら、きっと大したことがないセキュリティだろう」と考え、侵入して来るケースも。
防犯カメラを取り付けることが、かえって泥棒を招き入れる可能性もあるのです。

もし防犯カメラをとりつけるなら、ダミーカメラは避けた方が良いかもしれません。とくに泥棒が多い地域では、ダミーカメラ程度のセキュリティでは泥棒を避けるのは難しいです。

きちんとしたものなら効果あり

でも、きちんとした防犯カメラなら効果があります。
夜間でも赤外線で撮影してくれるものがありますので、こういうものを使えば24時間きちんと録画ができます。
録画ができるようなものを購入することで、自分の防犯意識も高まりますし、跡からチェックして不審人物が映っていたらそれも観ることができます。

家庭に防犯カメラをつけるというのは本当に本格的な対策になりますので、もし「防犯カメラを使ってしっかり対策をしたい」と考えている場合は、いろいろなサイトをみて比較検討をし、自分なりにいいと思ったものを選んでみて下さいね。

どんなものでもそうですが、やはり「きちんとしたものを選んでこそ、効果がある」ということを忘れたくはないものです。ダミーカメラを買うことは否定しませんが、それですべての泥棒を防ぐことができるわけではないということも頭に入れて、本当に買うべきなのかどうかを考えてみるといいかもしれませんね。ダミーカメラは本当にオススメです。