補助錠

補助錠

補助錠

防犯のために補助錠を使いましょう

防犯のために考えなければならないことといえば、やはり「補助錠」の存在です。
鍵をつける場合、やはりひとつだけでは心もとないのでもうひとつつけておいた方がいいです。

もし、鍵をふたつつけていれば「ひとつの鍵をやぶられたとしても、もうひとつの鍵で予防をすることができる」というメリットがあるでしょう。
また、ふたつ鍵がついているというだけで、気持ちだけでも安心です。
ではここで、「どんな鍵がついているのか」について考えていきましょう。

サムターン防止カバー

最近、よくあると言われている犯罪が「サムターン回し」というもの。
サムターンとは、ドアの鍵の内側についているつまみ式の鍵のことです。
この鍵を回すことで、しっかりと鍵を回すことができますよね。

でも、このサムターンを何らかの手を使って外側から回してあけるという手口が増えています。
どんなに鍵が頑丈でも、内側は入居者が生活をしやすいように単純な仕組みの鍵にしていることが多いので、どうしても開けやすくなります。つまり、ドアの新聞受けなどから機械を入れてサムターンを回せば、それだけで鍵を開けることができるということでしょう。

だから、このサムターン回しを防止するためのカバーを取り付けておきます。
サムターン回しは簡単に取り付けることができ、さらに防犯の確率も高くなりますのでオススメですよ。

窓ガラスに鍵を補強

泥棒が入りやすい場所のひとつに、「窓ガラス」があることが知られています。
玄関は人目に付きやすいことが多いですが、窓ガラスは庭などの問題で見えにくいと言われているので、窓から侵入をするという泥棒もいるそうですね。

だからこそ、窓ガラスに鍵を補充しておくことは大事です。
窓をロックすることができる鍵もあれば、壊して入ろうとすると大きな音が鳴るものもあり、その種類は本当に豊富。家の中でも「ここは危ない」と思われる惑につけておくだけで安心なので、特に一軒家の人などは使用を考えてみてほしいと思いますね。

シリンダーカバー

ピッキングしやすいと言われているシリンダー。
だからこのシリンダーにカバーをつけて、ピッキングをすることができないようにしました。

シリンダーは一部ピッキングしにくいものもありますが、それでも怖いという人はこのシリンダーカバーを取り付けてみるといいかもしれませんね。シリンダーカバーはドライバーひとつで取り付けることができますので、取り付けることができる人はつけてみるといいかもしれませんね。

これがあれば、ピッキングしやすいと言われているシリンダーがとても頑丈になりますので、安心感も高まるはずです。より防犯対策を強化したい人は、シリンダーの種類もかえてみるといいですね。