1. >
  2. >
  3. 窓ガラスの防犯対策

窓ガラスの防犯対策

窓から入ってくる泥棒は意外に多い

防犯ガラスあまり考えたくないことですが、窓から入ってくる泥棒というのは意外に多いことが解っています。「窓からどうやって入ってくるの?」と思う人がいるかもしれませんが、窓ガラスを破って鍵を壊して入ってきます。
なんとも大胆な手口と思うかもしれませんが、高い壁があったり木があったりして外から家の中が見えにくい場合は、泥棒が入ってくることも可能なのです。

なので、できれば「窓に関する防犯対策」を強化しておきたいものですね。
では、窓ガラスを強化するための防犯グッズにはどんなものがあるのかを見ていきましょう。

窓ガラス強化フィルム

窓ガラスを強化したい人にお勧めなのが「窓ガラス強化フィルム」の存在。
窓ガラス強化フィルムとは、窓に貼るだけで窓が割れにくくなるというとっても簡単な防犯対策ができるものです。ただはるだけなので、誰でも簡単に使えるのがいいですよね。

これを貼っておけば、外部から誰かが侵入をしようとしてもなかなか入ることができなくなりますので、防犯対策になりますね。ちなみに「割れにくい」ということは、地震への対策になるということも考えておきたいです。
地震がきたとき、まず心配しなければならないのが「窓ガラスが割れ、それを踏んで足をけがしてしまう」ということ。現に、東日本大震災ではそうやって足を怪我してしまった人がたくさんいました。

なので、今は窓ガラス強化フィルムを使ってガラスが割れても足を守れるような対策をしている人が多いです。
地震対策としても使うことができる窓ガラス強化フィルム、家庭にどうですか?

クレセント錠は確認を

窓ガラスには、必ず「クレセント錠」と呼ばれる鍵がついています。
それを回してかけることで鍵をかけることができますが、ここには小さく補助錠がついていることがありますよね。これもきちんとかけておいてください。

もちろん、ガラスを破られればクレセント錠と一緒にはずされてしまいますが、ひとつでも手間を多くしておくことが重要なのです。

窓ガラスには柵をつけよう

もし可能ながら、窓ガラスにはきちんと柵を付けておいた方が良いでしょう。
この柵があるかどうかだけで、窓ガラスから入りやすいかどうかがぐんと違ってきますからね。窓ガラスにはきちんと柵をつけて、入れないようにしておいてください。

この柵は業者に頼むことが一番ですが、やろうと思えば自分で取り付けることもできるようです。

現に自分でつけている人もたくさんいるようですから、ぜひ窓ガラスをチェックしてつけられるようならつけてみて下さい。面倒かもしれませんが、こういった対策が、泥棒を遠ざけることになるので頑張ってみて下さい。