オートロックのマンションで空き巣被害に…

オートロックのマンションにも空き巣は入る

オートロック比較的安心して生活できると言われているオートロックのマンションですが、実は「オートロックのマンションは危険である」とも指摘されていて、危機管理が問われています。
オートロックのマンションというと、中にいる住人が招かない限り中にはいることはできませんので、どうしても安心感が先んじてしまって「あまり危機感を持っていない」という人が多いですよね。
でも、そういう油断を見て空き巣はやってきますので、注意をしなければなりません。
実際、オートロックのマンションに住んでいるのに空き巣被害に遭ったという人も少なくありませんので、今のうちに危機管理能力を高めて「空き巣が入らないようにする」という努力をしておきたいですね。
では、オートロックのマンションではどんなことに気をつけたらいいのでしょうか。

オートロックのマンションに一緒に入ってくる輩がいる

まず、オートロックのマンションに一緒に入ってくる人がいませんか?
オートロックのマンションだと、中の住人がドアを開けるか暗証番号を押すかで入ることができますが、中にはそれをスルーして一緒に入ってきてしまう人がいます。
「暗証番号を押したり、鍵を使う手間が面倒だから、一緒に入れて下さい」という人がいるかもしれませんが、こういったところから泥棒が入りやすいので注意をしなければなりません。
もし「一緒にいいですか」などと言われても、知り合いでもない限り中には入れないなどの工夫が必要になるのではないかと思います。
まず、自分で鍵を持っていたり暗証番号を知っていたりということがあれば、自分で鍵を使って入るはずですよね。それをしない時点で「おかしい」と思う勇気が必要です。

暴行事件も起きています

オートロックのマンションでは、若い女性を狙った暴行事件も起きています。
これは「オートロックのマンションだから安心」と思っている住人の隙を突いた事件であるとも言えます。
きわめて悪質な事件で、人間としての尊厳を踏みにじる行為を繰り返しているということになりますので、こういった犯罪行為を断じて許さないためにもオートロックのマンションでの防犯について見直していく必要があるでしょう。
このような犯罪行為を許さないという姿勢が、オートロックのマンションでの被害を最小限に抑えるのではないかと思います。また、そういった意識を住人全員で共有していくことも必要ですね。