マンションまるごと被害に

オートロックのマンションが危ない?

マンションの中でも、防犯性が高いと言われるオートロックのマンション。
みなさんの中にも、オートロックのマンションに住みたいと考えている人は多いのではないでしょうか。
オートロックのマンションは住人の許可がないと立ち入ることができないため、「防犯性が高い」と言われています。以前はオートロックのマンションのマンションであっても階段から入ることが容易なところもありましたが、今は大抵のオートロックのマンションの階段部分に侵入することができないように壁を高く作っていますので、より防犯性が高いと言われるようになりました。
このように、オートロックのマンションの防犯性は誰もが認めるところなのですが、実は「オートロックのマンションだからこその落とし穴がある」ということを忘れてはいけません。
実際、「オートロックのマンションは危ない」という指摘もあり、その安全性の見直しがされるようになっています。では、オートロックのマンションの何が危ないのかについて考えて行きたいと思います。

オートロックのマンションだからこその落とし穴がある

まず、オートロックのマンションに住んでいるというだけで「防犯性が高いところに住んでいるのだから、泥棒が入ってくるわけがない」と考える人が多いことです。
住人以外が簡単に入ることができないオートロックのマンションは、外から入る人が少ないということでつい安心感が大きくなってしまうのだと思います。
それが一番の落とし穴です。
例えば、見知らぬ誰かとすれ違っても「きっと別の部屋の住人がお客さんとしてよんだのだろう」と考え、泥棒だとは思い至りません。
また、オートロックのマンションだからいいやと施錠をしない人もいますので、そういった点も改めて気を付けていきたいですね。
まず「どんなマンションであっても、どんなに頑丈なオートロックのマンションであっても、100パーセント安全なマンションはない」ということを忘れてはいけません。

オートロックのマンションだからといって油断することなく、たとえば玄関周りを綺麗にして「管理が行き届いている」ということをアピールしたり、オートロックのマンションということに甘えずしっかりと管理をしていくことが必要になると考えて下さい。
隣同士との関係を密にして、誰か知らない人が入ってきたら注意をはらうなどの工夫もしておきたいところですね。オートロックのマンションでも、油断できないところはたくさんありますので、ぜひ頑張ってみて下さい。