窓を割られて侵入されました

窓を割られる被害があることを忘れてはいけない

実は、泥棒の中には「窓を割って侵入してくる」というものもいるので注意しなければなりません。
例えば一戸建てで隣の家と距離がある場合、ある程度の物音がしても気づかないということがありますよね。
そんな時、窓の一部を割ってそこから手を入れて鍵を開け、侵入してくるということがありますので注意しなければなりません。
窓を割るという行為はなかなかに大胆なので「まさかそんなことをしてまで入ってこないだろう」と思う人も非常に多いのですが、侵入してくる人はその考えを突いてやってきます。
できるだけ物音をたてず、それでいて楽に侵入できる術を考えていることがありますので、ぜひとも「窓」にも関心を払った防犯対策をしてみてほしいと思います。
意外に、窓に対する防犯意識が低い人は多いですからね。

格子をつけておくと入りにくい

まず、窓に格子がついていると入ることはできません。
泥棒が狙いをつけやすいのは、高い草むらや木があって中が見えにくい家です。
家の人間からすれば「中を見られたくない」ということで植木などは背を高くしておきたいものですが、それが泥棒にとっては「中を見られにくい」「侵入しやすい」になるのは皮肉なことですよね。
また、「家の中がみえないように」ということについては家の人間が意識できても、「庭から侵入されないように」ということについては無頓着と言う人も少なくないでしょう。
もし、今まで「植木の背の高さ」を意識していなかった人がいたら、今からでも見直してみることをお勧めします。

こういう庭であっても、格子つきの窓であれば「窓のガラスを割っても侵入することができない」ので、格子をつけておくという手もあります。格子をつけることはわりと簡単にできるので、家を建てるときなどに意識をしておくといいかもしれませんね、
また、ガラス窓につけることができる防犯用の鍵も販売されているので、より防犯対策ができる鍵に付け替えておくというのもいいでしょう。開けにくい鍵を泥棒は嫌いますので、とことん泥棒に嫌われるような鍵をつけておくことをお勧めします。
本当にわずかなスキを狙って泥棒は侵入してきますので、そういった隙を見せないようにすることが防犯対策としてベストなのではないかと思いますよ。
また、自分の家の庭をみて「侵入しやすいかどうか」を考えてみるということも必要ですね。
もう一度庭を見て、改善できることがあればしておきましょう。