ドアを無理やりこじあけられ…

ドアってこじ開けられるの?

家のドアがこじ開けられることをご存知でしょうか?
「鍵さえかけていれば安全」と思う人がいるかもしれませんが、実は鍵をかけておいたとしてもドアをこじあけられて侵入される可能性がありますので注意をしなければなりません。
例えば、バールをドアの隙間に差し込めば、それでドアをあけられることが解っています。
しかも、一説によれば「バールをつかっての侵入は5分で可能である」という指摘もあり、意外に早く侵入することができることが解っています。
このようにドアをこじ開けられてしまうと、鍵の意味すらなくなってしまうので注意しなければなりません。
では、一体どのようなところに注意をしたらいいのでしょうか。

補助錠を内側に付けておくことが大事

まず、内側につけることができる補助錠を探しましょう。
この内側につける補助錠は、もともとついている鍵とは位置が異なるために、ドアを壊されたとしても鍵の機能は生きていることが多いです。
とにかく、泥棒が入らないようにする手段としては「どうにかして時間を稼ぐ」ということにつきますので、鍵が壊される時間を少しでも稼ぐことが重要になります。
なので、少しでも開けにくい鍵を使っておくことはとても大切なことになるでしょう。
とりあえず、「鍵の数を増やす」というのはいい自衛の方法でもありますので、ぜひとも実践してみてほしいと思います。

ドアを変えるという方法も

これはあまり簡単にできる方法ではありませんが、「そもそもドアを変えてしまう」という方法もあります。
めったに開けることができない、頑丈なドアをつけておくというのが、こじ開け対策には一番有効ではないでしょうか。ただ、賃貸物件ではそもそもドアの交換ができないことが多いので、やろうと思ってもできるかどうかという問題点もあります。
それでも、ドアのこじ開けが怖い場合は交渉してみる余地はあるのではないかと思いますよ。

ドアの隙間を埋めること

バールが入らないように、隙間を埋めるという方法もあります。
隙間があるからバールが入ってしまうので、それをうめてバールが入らないようにすることで、こじ開け被害を減らすことができるでしょう。
この辺りも、マンションの場合は管理会社や家主と協議のうえ「どうするか」を決めてみてください。
泥棒が入らないようにする工夫はとても大切なものになりますので、ぜひとも頑張ってやってみて下さいね。
いろいろな方法を考えて、一番いい方法を実践されてみることをお勧めします。