1. >
  2. >
  3. ピッキング被害の後
ピッキング被害後

ピッキング被害の後

ピッキング被害後

ピッキング被害

ピッキング被害にあった時にどうすればいいでしょうか。
ピッキングはその形跡が残りづらいと言われていますから、
まずしっかりとそれが本当にピッキングであったかどうかを確かめるべきだと思います。
専門家に調べてもらえばわずかな痕跡も見つけ出してくれると思いますから、
確定できると思います。
もしも、ピッキングでなかったのならほかの侵入経路、方法を見つけなければいけません。
探す場所は広範囲になり難しいかもしれませんが必ず確定しなければいけないでしょう。
犯人の手がかりはもちろんのこと2度目が無いようにしなければいけないですから。

そして、ピッキングと確定したならば、具体的に対策を施していかなければなりません。
やはり情報を色々な所へ伝えて、
そこから手口が周りで頻発していないかどうかという情報を得なければなりません。
錠を変えるにしても、その新しい錠が大丈夫であるかどうか、
どのような錠なら大丈夫なのかを確認しなければなりません。
せっかく変えてもその錠も破ってしまうような犯人かもしれないのです。
そうならないためにもしっかりとした情報を得たいものです。

錠の一つはそれほど高いものではないと思いますが、
どこまで高度な錠を付けるか、いくつつけるかでかなり金額も違ってきますので、
周りから得た情報や専門家の意見などを聞いて、最善の策をとるべきだと思います。
また、単純に錠だけの問題にはとどまらないと思います。
ピッキングされるにはその環境もピッキングしやすい環境であるのではないかと思いますので、
その環境を見直すことも大事ではないかと思います。
おそらく、犯人は周りから姿を見られたくないはずですから、
侵入経路に周りの目の届かなる死角のようなところがあったら、
その環境を変えるようにしなくてはいけません。

死角を取り除く

木が茂っているのであればその気を伐採したり、
物置や大きな荷物のようなものが置かれて見えにくくなっているのならば
置き場所を変更したりといったことをするべきです。
夜、くらいポイントがあるのならば光が少しでもさすようにするといったっことも必用でしょう。
少なくとも、玄関前に光が当たって明るくなっていることは必須だと思います。
犯人にとって手元が見やすくなるより、姿が見にくくなるほうが重要だと思いますから。

そして、対策を練っていることがわかりやすいことも次の被害を防ぐ手立てになるかもしれません。
犯人はよほどへそ曲がりでなければ侵入しやすい家を選んで狙うと思います。
わざわざ侵入しにくい対策を練っている家に入るとは思えません。
したがって大袈裟でもいいですから、対策がされているとアピールすべきだと思います。
ダミーでもいいから監視カメラを付けたり、半分はダミーでも錠をいくつもつけたりなど
大いにアピールして犯人を近づけないようにするべきではないでしょうか。
多くの家がそのようになったらわかりませんが、そうなるまでは、その家は犯人も避けるでしょう。