サムターン回し被害の後

サムターンの被害

サムターン回しの被害に遭ったらどうしたらいいでしょうか。
他の錠破り被害の時と同様にしっかりとした心構えをもって対処するべきです。
まずサムターン回しは結構特殊な状況であると思うので
その状況をしっかりと把握することから始めるべきだと思います。
何らかの環境がサムターン回し用の器具を家内部に侵入させているのです。
その環境がなければサムターン回しができないのですから、一番に考えるべきところなのです。
その箇所が特定できたら、何らかの変更や対策を施せばその侵入が防げるかどうかを考えます。
そのような個所を何の対策をしないのは不安が残りますが、
場合によっては対策が不可能の場合もあり得るのです。
郵便受けなどは郵便は内部に入れないわけにはいかないのですから。
鍵穴も然り。
そのような場合は、サムターン自体を回せないように対策を練ります。
また、侵入した器具を無効化するような方策も可能ならばとります。
この無効化は実現できたらすごく効果的な防犯になるのではないかと思います。
警報だけでなく、有形力の実行は技術的にも将来可能になる期待を個人的には持っています。
サムターン回しの器具だけでなく、犯人自身をも侵入を防ぐことにつながるかもしれません。
そうしたら多くの手段の侵入犯罪を防げることになりますから。

それはさておき、やはり、サムターン回しもその周りの環境がその実行を招いていると思われます。
変な器具を郵便受けやのぞき穴などへ差し込んでいる人間が見えたら明らかに変だと思いますから、
そのような姿が周りから見やすい環境を作るというのが有効な対策になると思うのです。
大きなマンションなどはその作りからどうしても死角になってしまうところもあるでしょう。
そのようなときはやはり防犯カメラなどの対策を施すのがいいのではないでしょうか。

防犯カメラ

今では防犯カメラなども結構安価なものが出ていると思いますから、
コストをあまりかけずに防犯対策をできると思います。
サムターン回しも道具もやはり同じようにコストが低くなっているかもしれないですが、
それに負けないようにしっかりとした対策を講じたいものです。
対策を講じれば講じるほど、侵入は難しくなりますから、
よりコストをかけないと侵入できなくなり、ゆくゆくは侵入をあきらめるような状況に
追い込むことができるのではないかと思います。
どちらかと言えば最終目的はそのような状態になることを目指したほうがいいでしょう。

住宅はもともとは個人の所有物を守り、安全を守る為に作られるべきものですので、
どんなに生活の便利を優先しても、守りが薄くなるような方向にはならないように気を付けたいものです。
住宅の購入の時には表面上の見栄えや設備を見るよりその守りを優先させてほしいものです。
その守りがしっかりと固められている住宅であれば、
その後の対策にさらに労力を取られないと思いますから、最初が肝心でしょう。
そのような住宅であればより質の高いサムターン回し対策がとれると思います。