暗証番号錠

暗証番号錠は、開錠の際、キーを必要としない錠前システムです。
物理的に使用するカギ(キー)の代わりに、スマートフォンのアプリで開くタイプやタッチパネルタイプ・暗証番号ボタンタイプ・指紋認証タイプなど様々な方法が使われます。

暗証番号錠には機械式と電気式がある

暗証番号錠とは、暗証番号を入力することで解錠するタイプのカギシステムです。
広義では、ダイヤル式南京錠や自転車などに使用するダイヤル式のワイヤー錠も暗証番号錠に含まれます。
暗証番号錠にはメカニカル(機械式)のカギと電気式のカギがあります。

機械式のカギは、テンキーやボタンをプッシュし正しい暗証番号であれば解錠できる方式が一般的です。
電気式のカギも同様にテンキーなどで番号を入力するのですが、入力や開錠に要する電源が必要となります。
交流電源から配線工事をして供給するタイプと、電池を使う配線不要タイプがあります。

暗証番号錠が持つ弱点

暗証番号錠は暗証番号という情報がキーですので、暗証番号が漏れてしまえば、権利のない誰でもが解錠可能になる点が最大の弱点です。
暗証番号を入力している際に手元を盗み見て覚えられたり、長期間にわたり暗証番号を変更していない場合など、頻繁に押すキーが汚れたり、擦り減ってきて数字の組み合わせが漏れるなどのリスクがあります。

また、キーがすれていないように見えても、テンキーやボタンにライトを当てると光る特殊な塗料を塗って、使っているナンバーを盗む手口もあります。
この弱点を補完する工夫として、ダミーの数字が入力可能なカギや、入力のたびにテンキーの配列を変更する機能が付いたカギも現れました。
安全を確保するためには定期的な暗証番号の変更が重要なのは、ネットなどを含めすべてのことに言えそうです。

乾電池式で配線不要なアルファ社EDロック

ピッキングに対する防犯性に加え、破壊に対する防犯性が高いのも自慢の製品です。
暗証番号を入力してカギを開閉するタイプの錠前で、ドアに穴加工を加える必要がないので後付けに適しています。
電気配線工事も必要なく、リチウム電池を利用で約2年間の使える設計です。
今までにあった鍵の紛失や家族の人数分の合いカギ複製といった煩わしさもなく、紛失トラブルを解消します。
賃貸住宅を運営するうえでも、手間のかかる面倒な各部屋のカギの管理から解放されます。
暗証番号は4桁から8桁で登録しますが、その組み合わせ数は約1億通りと膨大で、偶然を許しません。

メカニカル方式の長沢製作所のキーレックス(補助錠タイプ)

ピッキングに対する防犯性に加え、破壊に対する防犯性が高いのも自慢の製品です。
ワンドアツーロックにするための補助錠としてよく使用されます。
完全なメカニカル構造で、配線が不要なだけでなく、停電や電池切れ、誤操作等のトラブルとは無縁です。
優れた耐久性を持ち、総合作動テスト40万回以上(約20年相当)をこなしています。
ドアの表、裏の両側でボタン入力する機能やキーを併用する型番もあります。