1. >
  2. >
  3. カード錠
ドア

カード錠

ドアカードキーはカードをセンサー付近で読みこませるだけでスマートに施錠・開錠が可能なのでとても便利なカギシステムです。
カードキーはホテルにおいて先行して採用されましたが、近年は、賃貸物件の玄関でもカードキーを設置するケースが増加しました。
カードキーが導入されているか否かは賃貸物件を選ぶ際のポイントの1つとなっています。
既存のドアに後付けで設置できる型もあり、大規模な工事が不要なことから導入が進んでいます。

カードキーの仕組み

カードキーは磁気でカードの正当性を認識して施錠・開錠をコントロールするシステムのカギです。
カードに磁気により情報を記録し、磁気で暗証ナンバーを読み取ることで施錠・開錠をコントロールします。
センサーにカードキーをかざして開・施錠をコントロールする非接触型と、カードをスロットに挿し込んで開・施錠をコントロールする型と2つのタイプがあります。

カードキーのメリット

1:ピッキングを防ぐ
随分セキュリティレベルは上がってはきましたが、シリンダー型のカギは、やはりピッキングにあう可能性は否定できません。
カードキーは鍵穴が無く、従ってピッキング被害も無いというセキュリティ上のメリットを持ちます。
2:複製が困難
カードキーは磁気データでコントロールする特殊なカギで、街の合い鍵屋さんやホームセンターでは合いカギ作製が不能でその分、防犯能力が高いです。

3:施錠・開錠がスマートでスムーズ
非接触タイプのカードキーはセンサーに近づければ施錠・開錠の作業が完了し、キーを鍵穴に挿したり回したりする必要がないので、スマートかつスムーズです。
両手が荷物でふさがっていても、カードをかざせば開錠ができ、暗がりで鍵穴を探す必要もありません。
ICカードで自動改札を通る感覚で、部屋のカギの開け閉めができるのです。
4:携帯が容易
シリンダー錠のキーは紛失が無いようキーホルダーに付けたりしますが、カードキーは財布やカード入れに入れて持ち歩けるので、持ち運びが楽で軽量なのもメリットです。
5:自動で鍵が閉まる
オートロックタイプの場合、カギの閉め忘れもなく防犯能力が高いです。

カードキーを利用する場合の注意点

1:合鍵が作りにくい
合いカギが簡単に作製できない点はセキュリティ面ではメリットなのですが、反面、利便性の面からはカードキーを紛失した場合に合いカギが作りにくく不便だという側面もあります。
また、シリンダータイプのカギの合いカギ作製より費用が高くつくというデメリットがありますので、紛失には気を付ける必要があります。

2:紛失しやすい
軽くて持ち運びが容易なカードキーは携帯しやすい反面、紛失し易いデメリットも持っています。
金属のカギは落とした場合、音で気が付きますが、カードキーは落としてもハッキリと音が出ないので気が付きにくいのです。
財布やカード入れに入れて持ち歩いた場合、財布やカード入れを落としてしまえば、同時に家のカギも紛失します。
鍵屋さんはカードキーのトラブルには対応できない場合があり、紛失の場合、自分の部屋から締め出される可能性もあります。