ディンプルシリンダー錠

一見してわかる従来タイプのキーとディンプルキーとの違いは形状です。
カギにはギザギザした切込みが刻まれたイメージがありますが、ディンプルキーには丸い窪みが複数刻まれています。
ディンプルキーはこの複数の窪みの位置や大きさを利用して開錠・施錠を可能にする構造で、従来の手口のピッキングでは開錠が困難になったのです。

高まるディンプルキーのシェア

国内では徐々にディンプルキーのシェアが高まっており、それに伴い認知度も上がっています。
現在、シェアは全体の30%と言われますが、この調子で伸びれば従来タイプの切り込み型のディスクキーは減少して、70%以上がディンプルキーになるのではないかという予測もあります。
このような数字はディンプルキーのセキュリティレベルが高いことの証明でもあります。

ピッキングに強い理由

従来のタイプのカギよりも構造が複雑にできています。
シリンダー内のピンという部品が、今までのものには上下にしか付いていませんでした。
ピッキングで開錠するには、ピンを1本1本開錠できる位置に合わせてセットする必要があります。
ディンプルキーは上下のみならず、横や斜めにもピンが追加されているのでピン数が大幅に増えました。

ピンの本数はセキュリティレベルに直結しますので、ピン数が増加すれば従来の手口でのピッキングが極めて困難なのです。
また、ディンプルキーは複雑な構造なので、カギの不正複製も困難になりました。
そのため、ディンプルキーの合カギ作成の場合には、専用の機材が必要となり、従来キーに比べ高額になりがちです。
ディンプルキーの合いカギ作製は約5,000円程度かかります。

ディンプルキーの不正開錠は不可能か?

従来からある型のシリンダー錠より不正な開錠は困難ですが、近年、ディンプルキーをピッキングするために専用に作られた特殊なピッキング工具が出回っており、完璧に安全と言う訳ではありません。
従って、ディンプルキーは進化を続け、様々な改良がなされてきており、益々高い防犯能力を持つようになってきました。
ディンプルキーは防犯能力のみならず、高い耐久性も有する、将来のセキュリティを支えるカギと言われています。

やすやすと不正開錠される恐れは少ないのですが、犯罪手口との「いたちごっこ」は続くのかもしれません。
ある調査では、ディンプルキーへの交換で空き巣の被害は85%程度も減少するそうです。

ディンプルキーでも様々な価格の商品があるのはなぜ?

現在、ディンプルキーを作っているメーカーは多数存在し、メーカーや販売店によって販売価格に差があります。
価格が違う主な理由は、セキュリティレベルの違いや耐久性の違いです。
高額製品はカギの内部のピン数が多く、不正開錠により強く作られています。
また、材料に使用している素材が高額・高耐久性のモノで破壊的な侵入からも守ります。
製品を長く使用したい場合や高いセキュリティレベルを求める場合は、高額なディンプルキーを選択する方が無難です。