レバータンブラー錠

レバータンブラー錠は、英国において18世紀ころには原型が考案されたという古い歴史を持ち、比較的古典的な部類に属する錠前です。
日本でも古いタイプの鍵に使用されており、現在でも古い机の引き出しや古い自動ドアなどで目にすることがあります。
また、古い一戸建て住宅で見た記憶がある、子供時代に自宅のカギがそうだったというケースもあります。
カギは棒状で、素材には通常、真鍮を使用します。

単純な仕組みを持つレバータンブラー錠

カギの内部でデッドボトル(かんぬき)に沿うように取り付けられたタンブラー(障害物)は板状になっていて、片端の1箇所が支点となるように取り付けられています。
正規のカギを挿し込み回すことにより、そのタンブラーがてこの様に動く仕組みです。レバータンブラー錠には「ツク」と呼ばれる溝が刻まれており、ロックされた状態だとデッドボルトに取り付けられた突起の部分がツクの中(H型の左の縦棒の上部分)に納まってデッドボルトが左右に動かないようになっています。
正規のカギを鍵穴に挿し込み、回転させるとレバータンブラーが持ち上がり(同時にH型のツクも持ち上がる)、デッドボルトの突起部分がツクの中心(H型の横の棒部分)を通って横にスライドします。

回し切ると今度は、デッドボルトの突起は再びタンブラーのツクの中(H型の右の縦棒の上部分)に納まって開錠された状態になります。
正規のカギでなければデッドボルトの突起の箇所とツクの中心が一致せず、横にスライドしないので解錠不可です。
単純な仕組みですが、実際はレバータンブラーを1枚ではなく3枚ほど組み合わせて複雑化しています。

鍵穴のイメージ

鍵穴の形状はというと、前方後円墳状の形状をしていて、鍵穴を通して部屋の内部を覗けるというイメージを持っている方も多いでしょう。
カギ穴の形を描いてみて、と言われればこのレバータンブラー錠の鍵穴の形を描く方が多いと思われます。

最近はレバータンブラー錠をドアに使用しているケースはほとんど見かけることがありません。
レバータンブラー錠の鍵(キー)は「棒鍵」といい、これも、カギといわれればこの棒鍵を想像する方が多いと思われます。

レバータンブラー錠の形状

外観上のカギの形状は、取っ手がレバーハンドル形状となっているモノが多いです。
玄関ドア用に使われるタイプは、レバーハンドル式ケースロック錠と言われるカギが中心です。
室内用に使われるカギとしてはラッチ機能だけを持つレバーハンドル錠が採用されることが多いです。

レバータンブラー錠の防犯能力

レバータンブラー錠は、防犯性が高いようにも思えますが、それ程防犯能力は高くありません。
レバーロックは鍵穴から構造をある程度見ることが出来るため、トラブルの場合には、懐中電灯等を使えば、素人にも比較的開錠しやすい構造です。