1. >
  2. >
  3. ピンタンブラー錠

ピンタンブラー錠

ピンタンブラー錠は、正規のカギを挿し込むと、上ピンと下ピンの境目(シアライン)がピッタリ、シリンダーの内筒の表面に沿って平らになります。
そのまま回転させると、内筒と外筒が障害・抵抗なくスムーズに回転して閂を外す構造の錠です。
タンブラー(障害物)が円盤状のモノをディスクタンブラー錠と言い、タンブラーがピン状のモノをピンタンブラー錠というのです。

ピンタンブラー錠(ピンシリンダー錠)の特徴

ピンシリンダー錠は、ピン状のタンブラー(障害物)を使用していますが、ピンタンブラーのピンは、上ピンと下ピンに分離しており、バネで外筒側から内筒側に押し付けられています。
カギを挿していないときは、上ピンが外筒内から内筒内まで降りており、内筒と外筒の障害物となり、内筒は外筒の中で引っ掛かり回転不能です。
正規のカギを挿し込んで初めて、上ピンと下ピンの境目が内筒と外筒の境目にピッタリ揃い、内筒の回転が可能となる構造となっています。

不正なカギを挿した場合は、ピンの境目が飛び出したりして揃わず、上ピンあるいは下ピンが障害物となり、内筒は外筒の中で回転することが出来ません。
ピンタンブラー錠を利用してマスターキーを使用するシステムを組み上げる際は、上・下のピンの間にもう1本・中ピン(ミドルピン)を挟み込み、いくつもの境目を作ることで対応します。

ディンプルキーシリンダーも構造はピンシリンダー錠

ピンシリンダーは、その構造上、ピンの数が多数であればあるほどピッキングによる犯罪に強くセキュリティレベルは上がります。
セキュリティレベルが高いディンプルキーシリンダーのほとんどは、構造上ピンシリンダーそのものと言ってもいいでしょう。
ピンの本数の増加を図るために、1つの方向だけでなく、シリンダー内の2~4方向にピンを設置しています。

さらにセキュリティレベルを高めたアンチピッキングピン

アンチピッキングピンは、ピンタンブラー錠の耐ピッキング能力を向上させるために開発されました。
このピンの種類は、形状によりマッシュルームピン、スプールピンなどがあります。

アンチピッキングピンを上ピンに使用する(マッシュルームピンは下ピンに関連)ことでピッキングに対する防犯能力は高まります。
のこぎり状ピン、マッシュルームピン、スプールピンを使っているピンシリンダー錠は一般的なピッキングでは容易に解錠できません。
一般的なピッキング手法では力がかかりすぎるため、マッシュルームピンやスプールピンが引っ掛かって、境目を揃えることが極めて困難で、開錠が不能なのです
近年、製造されるピンタンブラー錠は、全部の上ピンにアンチピッキングピンを使用したカギが主流となってきました。