1. >
  2. >
  3. 生体認証錠
指紋認証

生体認証錠

指紋認証
生体認証錠は、個人の指紋、顔認証などで正当な開錠権利者であるかどうかを識別して、解・施錠をする新しいセキュリティシステムです。
従来のカギのようにキーを紛失したり、暗証番号を盗み取られたりというリスクもないシステムです。

最近価格が低下して生体認証錠(バイオメトリックス錠)も普及が始まった

生体認証錠は、個人固有の特徴である指紋や掌紋、顔等を特定し認証して、解錠する比較的新しいカギシステムです。
個人の特定ができるため、部屋の出入り管理に適します。
ハイレベルなセキュリティが必要とされる重要な研究施設等では虹彩、網膜の認証などが利用されますが、大変高価です。
一般家庭レベルでは、最近価格が少し手頃になってきたことから、少しずつ指紋認証錠が広がり始めています。

指紋認証錠のメリット

実際に一般家庭で指紋認証錠を利用している人が感じる指紋認証錠のメリットは、防犯能力以外に、外出の際カギを携行する必要がないことが思った以上に大きいそうです。

カギの紛失は、精神的にも経済的にもダメージを受けますが、カギを持ち歩かなければカギを紛失する心配もありません。
また、大半の指紋認証錠はドアを閉めると同時に自動的に施錠されるオートロック構造になっています。
ゴミ出しなどちょっとの間の外出時のカギの掛け忘れもなく、それにより部屋から締め出される心配もありません。

指紋認証錠の注意点

指紋認証錠は確かに便利なのですが、注意点もあります。
指紋の現れ方が極端に薄い、手荒れで手の表面が傷つく、高齢者など、指紋認証錠では指紋を認証し難い人もいます。
指紋認証錠の導入に当たっては、実際に機器で認証が可能か否かを試験して判断する必要があります。

ただ、気温や湿度などによって読み取りシステムが上手く機能せず、指紋の読み取りを連続でミスすると一定時間いたずら防止のため作動しません。
この機能は、かえって不便に感じるシーンもありそうです。

指紋認証錠のトラブルもある

一方、指紋認証錠を勧めない意見もあります。
認証はできているはずなのに、エラーで動かなくなり、繰り返し認証を試みると、不正防止のためにロックが掛かってしまうことも頻繁なようです。
反応しなくなる理由は先ほどの注意点のとおりです。

1.女性の場合
指紋が極めて薄い方が多く、家事の水洗いで手が荒れているケースもあり、うまく認証できないことが多いようです。
普段使用頻度の低い小指を登録する等の工夫がいるそうです。
更に問題は、ネイルが長い女性で、そもそも指紋認証機に指を入れることが出来ません。
この場合、防犯とネイルのどちらかを選択するという問題になるかもしれません。

2.子供の場合
小さい子供の場合は、そもそも指の面積が狭くて認証機では反応しません。
また登録できた指でも成長に伴って面積も変わります。
成長アルゴリズム機能である程度は機械がフォローしてくれますが、再度、登録が必要になる場合もあります。
さらに、指にケガをすることも多く、多くの指を登録しておく必要があり、どの指が登録されているかこんがらがりそうです。