SOLHARD

SOLHARDはスチール製板の南京錠を製造販売した大野金属のロック事業全般のブランド名です。
ピンシリンダー構造の南京錠を開発したことでも知られています。
現在はピンシリンダー以外にもあらゆる用途を想定して次々と新製品を開発しています。

形状的には、ツル長構造やワイヤー付き、フード付き構造がありそれぞれ施錠するものの形状に配慮されています。
また、素材的には従来の真鍮、ニッケルメッキ製の他にステンレス製の商品でセキュリティーレベルが高く厳しい天候の環境でも使用できる商品もあります。

公園など屋外の倉庫、屋内のロッカーや貴重品入れ、鞄、家電品など様々な用途と環境で使用できるような商品が開発されています。
また、セキュリティーレベルを上げるための材質や形状、構造の工夫も進化し続けています。

現在はシリンダー構造南京錠と文字合わせ構造南京錠を製造販売があります。

2008年から建築金物などを販売する株式会社清水興産が総販売元になっており、鍵専門店以外にもホームセンターや建材店などで買うことができます。

シリンダー南京錠

シリンダー南京錠はSOLHARD製品の基礎になるものです。
形状は、一般品とつる長のほかにコンセントロック形状もあります。
コンセントロックとは、コンセントの金具部の穴に南京錠のツルを通して施錠ずるものです。
危険度の高い電化製品などに使用制限をかけることができます。

南京錠の大きな弱点としてツルの切断被害がありますが、セキュリティーレベルを上げるためにツル部分をステンレスにしたものもあります。
セキュリティーレベルとともに耐候性が必要な環境で使用するためには、南京錠全体をステンレスにしたものもあります。

セーフティロックは両止めダブルロッキング方式でツルを錠本体でツルを2か所止めし、外部ツルの大部分をフードで囲んでいます。このためツルの切断を大きく妨害します。
ダブルロッキング南京錠をステンレスにすることで更に堅牢性を増した商品がパーフェクトロックです。

一つの施設内で複数の南京錠を仕様する場合には、すべての南京錠を一つのキーで施錠解錠を可能にするシステムもあります。

文字合わせ南京錠

文字合わせ南京錠は、キーレスタイプの南京錠で、施錠はツルを押し込むだけででき、錠側面に作られたダイヤル式文字版で番号を合わせることで解錠するものです。

この方式の錠にも、形状、材質によって様々な商品があり用途は多様です。
複数の南京錠を一つの暗証番号で施錠解錠できるシステムを作ることも可能です。

南京錠は比較的取り付けが簡単な錠前ではありますが、用途が広く、近年の商品開発の成果もあり安全性にも
広がりを見せてますます需要が上がっている錠前です。