鍵破りの手口『鍵穴壊し』の紹介

鍵穴壊し

鍵というのは、最も便利且つ効果的な防犯です。
しかし、時にそれが破られてしまうこともあります。
例えば、ピッキングなんて言葉は聞いたことがあるという人も多いでしょうが、これはピックなどを鍵穴に指して錠を解くという方法です。
ただ最近ではカードキーも普及してきているためピッキング対策は進んできています。
しかし問題はピッキング以外にも施錠を解く手口がいくらでもあるということです。
手口の中の一つである「鍵穴壊し」を紹介しましょう。
鍵穴壊しとは、物理的に鍵穴を破壊してしまう方法です。
使用する工具はドリル、ホールソー、ハンマー、ドライバーなどを使います。
例えばドリルを鍵穴に指して穿孔したり、ハンマーで殴打したりして鍵穴を壊すことによって開錠するというかなり荒っぽい手口です。
ただ、穿孔するにしても殴打するにしても大きな音が出てしまうので、近所に知られる可能性は非常に高く、一般的に行われている手口ではありません。
ですが、それでも被害は0ではないので、こういった手口もあるということを視野に入れて防犯対策を考えたいですね。
鍵穴壊しで狙われやすいお宅は築年数が古い家です。
古い家ほど鍵も簡単な作りになっており、壊すのが簡単になっています。
被害にあってからでは遅いので、予め鍵を強硬なものに変えておくといいでしょう。
ここで交換したいのはシリンダーです。
シリンダーとは、キーを差し込む「鍵穴の部分」です。
通常はシリンダーにキーを差し入れて回転させることによって開錠できるようになっており、そのシリンダー用のキー以外では開錠することはできません。
鍵穴壊しの手口に限らず、シリンダーは手口として最も狙われやすい部位なので、シリンダーの交換が基本的な防犯対策になります。

CP認定鍵について

ちなみに交換するシリンダーは「CP認定錠」のシリンダーがいいでしょう。
CP認定とは、警察庁にて認定された防犯性能が優れた建築部品のことです。
認定された部品にはCPマークが表示されています。
警視庁のお墨付きということで、鍵穴壊しの対策としては最も有効的になります。
また、2ロックといって鍵を2つ設けて複数施錠しておくことで時間稼ぎができます。
例えば、1つの鍵穴を破壊したとしても、もう一つ残っているので、その間にどうにかできる可能性があるというわけです。
ただ最近はワンドア2ロックが当たり前の時代ですので、新築の場合は多くのケースで2ロックになっているでしょう。
防犯は自身の心がけです。
然るべき対策を採り、犯罪を減らしましょう。