1. >
  2. >
  3. 鍵破りの手口『こじ破り』の紹介
こじ破り

鍵破りの手口『こじ破り』の紹介

こじ破り

こじ破り

鍵は中の物を守るなどの為にも非常に重要な物といえます。
それがある為に外から室内に侵入者が入ってくる事を防げていると言っても良いでしょう。
しかし世の中には色々な鍵破りの方法があり、被害を受けているところも少なくありません。

どういう方法があるのか、そしてそうならないようにするためにはどの様な事をすればいいのかという事を知って、できるだけ中の物を守るようにしましょう。
では今回は鍵破りの中でも最も乱暴な方法ともいえる、こじ破りについてみていきます。

鍵破りには色々な方法があり、パッと見破られたことが分からないような方法も実は存在しています。
しかし見るからに何かされたというのが一目瞭然な物もあり、それがこじ破りです。

一般的には鍵穴に金属を入れたりして開錠したりするのですが、この方法はそんなまどろっこしい事はしません。
バールを使って、あとは力任せにドアをこじ開けてしまう方法なのです。

デジタル化されている現代で、そんなアナログな感じの方法が行われているのかと思う人もいるかもしれませんが、実は毎年ある程度の被害件数が報告されているのをご存知でしょうか。
これは、実は日本の住宅のドアの構造がかなり影響しているのです。

バール対策

日本の住宅のドアは、外開きなのですが実はバール対策をしているところがほとんどありません。
つまり、そういう所であればバールとある程度の腕力があればできてしまうという事になります。
しかも被害に遭ったドアを見てみると、非常に傷んだ感じになっていて、そんなに簡単に修理する事もできません。

シリンダーだけ交換すれば何とかなるなんて言うレベルではないのです。
その為、もしこの被害に遭ったらすぐに修理を依頼する様にしましょう。
また、出来るだけこの被害に遭わないようにするのも重要です。

その方法としては、まずは補助錠を付けるのが良いでしょう。
バールでのこじ開けなどにも強く抵抗するタイプの物があるので、それを取り付けるだけでもかなり違います。

また、そういうタイプはなかなか取り付ける事が出来ないなんて言う時でも、補助錠を使うようにしましょう。
一つより二つある方がこじ開けるのにも時間がかかってしまうので、2つ取り付けてあるのが分かった時点で相手が諦めてくれる可能性もかなりあるからです。
こじ破りの被害は今もなくなっていません。

自分の家は大丈夫と思うのではなく、ワンドアツーロック、基本として一つしか鍵が付いていない所はなるべく早いうちに補助錠の取り付けがお勧めです。