1. >
  2. >
  3. バンピング

バンピング

バンピング

より簡単で恐ろしいと海外で問題となっているのが、バンピングという錠破りの手段だそうです。

このバンピング、日本では犯罪例がまだないと言われているそうですから
特殊な手口と思われますが、それがそうでもないようなのです。

バンピングとは、バンプキーを使ってピンシリンダーを開錠し侵入する手口のことを言います。
このバンプキーがこの錠破りの中心的存在でこのキーがあるから錠破りができるという、
鍵山を特殊配列に加工した特別な鍵なのです。

このバンプキーで開けることができる錠は、ピンシリンダー錠のみだということです。
そしてたとえピッキングを防げるとされるディンプルキーシリンダー錠でも、
構造がピンシリンダーであればバンプキーは開けることができてしまうということになります。
とても怖い鍵ですね。
同一型番のシリンダー錠は、一つのバンプキーで全て開錠でちゃうのだと言いますから。
マンションはだいたい同じタイプのシリンダーが全戸につけられているかと思いますが、
そんなところをこの鍵で狙われたら、被害は甚大になるでしょう。

たった3ドルで買えるバンプキー

こんなに破壊力抜群の鍵がなんと、アメリカでは、
インターネットでたった3ドル程度で買うことができるらしいのです。
とんでもないことではないでしょうか。
かぎを鍵穴に差し込んで回すだけ、普通のカギと同じように使えてしまうため、
ピッキングよりも簡単で短時間での開錠が可能ですから、もしも本格的に犯罪に
利用しようとする犯人が現れたら日本でも多くの被害を出すことになるでしょう。

今まで被害が無いのが不思議なくらいです。
そのカギの入手が日本では難しいのでしょうか。
このバンピングの被害に遭わないためにはシリンダー錠をやめることだそうです。

色々なものを見てもこのバンピングは簡単なんだそうです。
ピッキングはある程度の熟練がいるようで、サムターン回しも同じです。
しかも道具も特殊なものが必要になります。
サムターン回しなどはその道具が使える条件なども厳しくあり、
時間をかけないでやれと言うほうが難しいかもしれません。
とても経験豊富な犯人でもやっぱり、慎重さと努力は必要になると思われます。
それに対してバンピングはそのような熟練も不要で、慎重さも大した努力も、
条件も必要ないと来たら、犯罪者はみんなそれに注目するのではないかと思うのです。

そんなに簡単なのであれば、自分の今までの犯罪の手口に酔いしれて、
いつまでもそれにこだわり続けるという犯罪者以外は
このバンピングを選ぶのではないかと思うのです。

もう少し詳しく書くと、複雑な原理はわからないですが、
バンプキーはシリンダーのブランクキーなどから作られていて、
そのバンプキーを差し込んだ状態でハンマーなど適当な衝撃を与えることによって
シリンダー内部のピンがはじかれて、シリンダーが回るような状態にします。

そのちょうどいいところにピンが行くところがミソでしょうが、
その部分はキーを作る所がポイントなんだそうです。
そのキーが正確に作られたら、あとは子供でも数秒で開けられるのだそうです。