1. >
  2. >
  3. ドリリングの紹介

ドリリングの紹介

ドリリング

ドリリング

鍵は防犯対策の基本です。しかし、鍵は100%安全な防犯対策ではありません。

むしろ鍵を掛けているから安全という意識から、防犯意識が希薄化してしまい、
結果として犯罪に巻き込まれてしまうケースもあります。
鍵は時代と共に変化して以前に比べると破りにくくなってはいますが、
それでも鍵を破って侵入する犯罪は後を絶たないのです。

例えば、ピッキング、バンピング、ドリリング、サムターン回し、シリンダー壊し、
こじ破りなど様々な手口で侵入してきます。
鍵の種類によって侵入方法も変わりますが、ここではドリリングという手口について紹介しましょう。

ドリリングとは、電動工具のドリルを使って、手荒にシリンダー(鍵穴)を破壊する手口です。
難しい技術を必要とするものではなく、物理的に破壊するので、誰でも可能な犯罪です。
ただ、考えれば分かるようにドリルを使うということは音が出るので、
あまり手口としては使われることはありませんし、
最近の鍵では破壊に時間がかかるのでドリリングによる犯罪はあまり心配する必要はないでしょう。

しかし古い鍵ほど壊すのは容易いため、ドリリングで狙われるケースもないとは言えません。
ドリリング対策としては、シリンダー自体を超硬な製品に変えたり、
シリンダー内部にドリル侵入を防ぐ部品に替えて防御することができます。
また、古いシリンダーを新しくするだけでも、シリンダーを壊す時間を延ばせるため、
被害は免れる可能性があります。

他には、シリンダーではなくケース(鍵機構が収められている箱の部分)にドリリングを行う犯罪もあるのです。
ケースには、「彫込型」と「面付型」がありますが、彫込型は、ドアの中に鍵箱を収める仕様で、
玄関のみならず、部屋の中のドアにも仕様されています。

破壊攻撃に強いドリリング

面付型は、ドアの外面に鍵箱を取り付ける仕様で、錠が奥にあるためドリリングなどによる破壊攻撃に強く、
玄関ドアに利用されることが多くなっています。
ケースのドリリング対策は、シリンダー対策と同じように超硬シリンダーに換え、
補助錠と合わせて取り付けると防御力が高くなるのです。

また、PCマーク(警視庁認定の建物部品に表示できるマーク)のついたシリンダーに換えるのも効果的です。
鍵犯罪を防ぐためには自分の意識も大切でしょう。
鍵が掛かっていれば大丈夫だろうと安易に考えてしまいますが、鍵は破られてしまうものです。
絶対に大丈夫と言うようなことはありませんので、防犯対策はしっかりしましょう。