鍵破りの手口(狙われやすい環境)

狙われる環境

家を留守にすることが多いご家庭は、特に防犯対策に注意する必要があります。
泥棒や犯罪者は人の心理をついて侵入してきますので、留守がちな人は気をつけましょう。

鍵破りの手口はさまざまあり、ピッキングの手口で鍵を開けてしまう泥棒もいれば
ポストなどを壊して、強引に鍵を開けてしまうケースもあります。

簡単に侵入できそうな玄関だと、泥棒も狙いやすく感じ
目をつけられてしまう可能性が高まるのです。

狙われやすい環境の一つとして
簡単に開けることができそうな鍵が付いていると、被害に遭いやすいです。

古くからある簡単な作りの鍵だと、ピッキングなどで短時間で開けられてしまう可能性があります。
泥棒は、事前に下見をする者が多く
短時間で開けることができる鍵を見つけると、すぐに侵入されてしまうかもしれません。

しかし逆に防犯対策用の鍵が付いていると
開けるのに時間がかかるか、開けることができない場合が多いため
泥棒も嫌がって下見の段階で侵入をあきらめてくれる場合もあるのです。

また防犯対策用の鍵が付いていると、他にも防犯対策がきっちりと行われているのでないか、
と警戒するようになるので、被害に遭いにくくなる可能性も高まると思います。

鍵の交換

鍵は交換することができるので
今まで古い鍵を使っていて近所で空き巣などの被害も報告されている場合
すぐに取りかえることをおすすめします。

鍵屋さんに相談することで、出張で駆けつけてくれ
防犯対策用の鍵を取り付けてくれるので安心です。

電話で依頼することもできますし、ホームページで鍵屋さんのサービス内容が紹介されていたり
ネットの問い合わせフォームから相談や申し込みもできるので、簡単に申し込むことができます。

鍵破りの手口として玄関以外にも、窓ガラスにも注目してみることが大切です。
ガラスを破って、そこから鍵を開けて侵入する泥棒もいるので注意する必要があります。

家を留守にしているとガラスが割られても、家に帰るまで気づくことができないので
窓ガラスを防犯対策用の窓ガラスにしたり、専用のガラスフィルムなどを貼るなどして
侵入を防ぐための対策をとることも重要ではないでしょうか。

そうすることで、金づちなどでは簡単に窓ガラスに穴を開けることができなくなりますし
何度やっても窓ガラスから進入できないことがわかれば
途中で侵入をあきらめるようにもなります。

鍵破りの手口はさまざまあるので、日ごろからしっかりと手口について知るようにして
狙われにくいように防犯対策をとることが重要です。