1. >
  2. >
  3. その他の手口

その他の手口

その他の手口

ピッキングやサムターンはどちらかというとスマートな錠破りかもしれません。
スマートと言ったら語弊があるかもしれませんが、
犯罪者の中にはなりふり構わずという輩が存在するもので、もっと乱暴な方法が多くあります。

その中でもいちばんわかりやすいのが窓を割っての侵入でしょう。
その気になれば壁でも屋根でも乱暴に破ろうと思えば破れないわけではないでしょう。
重機などを使えば一般の住宅はひとたまりもないでしょう。
しかし、大掛かりになるほど犯人の特定はしやすくなるでしょうから、
犯人もそのようなことを避けて、さらに周りに侵入を気づかれたくないでしょうから、
そっと入る方法を考えるでしょう。
それには窓を割るというより切るという方法がこのような類の侵入方法としては最適なのは想像できます。
ガラスカッターの特殊なものを使って窓のかぎの近くを切り取ったりすれば
そのカギを開けて窓を開けられますからそこからの侵入を可能にします。

もっと犯人にとって簡単なのは開いているところから入ることです。
夏場など窓を開けることが多い時は、ついつい閉めたつもりで開けたままにしていることがあります。
かぎであればなおさらです。
そのようなところを狙って侵入を試みる犯人もいるようです。
経験が豊富な犯人であれば開いていそうな窓を見つけるのも簡単なのかもしれません。
また、大きな窓でなくても、小柄で細い犯人ならばちょっとした隙間から入ることも可能かもしれません。
犬猫用の出入り口からの侵入も絶対に不可能とは言い切れないかもしれないのです。

玄関ドアのピッキング

それ以外にはやはり玄関ドアや部屋のドアということになるでしょうか。
気の短い犯人であれば、ピッキングなどまどろっこしいと、乱暴に蹴破ることも考えられます。
ちょっと音を控えたいと思えばドアノブを引きちぎったりドライバーで鍵を壊したりする方法もあると思います。
時間がとても短縮されて、発見されたらすぐ逃げるといった
せっかちなタイプならばこの方法になるのではないでしょうか。
被害にあった時には踏んだり蹴ったりといったことになりそうですが、
犯行が明らかで、手がかりも多くありそうです。
ちょっとありえないかもしれないですが、地下からの侵入もよく映画などでは見かけます。
今の住宅は基礎をすべてコンクリートで覆っているものも多いですが、
古い住宅であれば、土の部分が多く残っているものもあるでしょう。
そのようなところであれば穴を掘って地下から侵入することも可能かもしれません。
労力に見合うだけのものを得るとも思えませんが。

なにしろ、犯罪はどのような手口で行われるかわかりません。
常識を持ち合わせていないのが犯人ですから、
どんな予想外の方法でしんにゅうしてくるかもしれません。
侵入を防ぎたい住宅と侵入したい犯人のいたちごっこと言ったところでしょうか。
だからこそ、対策は十分に行いたいものだと思います。
少しでも犯人に思いとどまらせるように。