1. >
  2. >
  3. 鍵破りの手口『ピッキング』の紹介
被害

鍵破りの手口『ピッキング』の紹介

被害

ピッキング

治安大国と呼ばれ、世界的に見ても犯罪発生率が著しく低く、安全な国である日本であっても、犯罪被害はすぐ隣り合わせになっているかもしれません。
それを示す通り、一般住宅を狙った空き巣被害は年々増加しているという報告もあります。
様々な手口が使われるプロの犯行から、思い付きの素人の犯行まで、様々なタイプが存在する犯行手口に備えつつ、防犯意識を高めていく事が大切になってくるでしょう。
施錠してあるドアの鍵破りの方法として知られる「ピッキング」も、犯行手口の一つです。
ピッキングはそもそも鍵を紛失してしまったなどという際に、鍵がなくてもロック解除する事を目的として広まった方法です。
鍵穴に特殊加工した金属を差し込んでシリンダーの内部にあるピンタンブラーを動かす事によって解錠する事が出来ます。
また、玄関ドアだけでなく、車のかぎや南京錠などあらゆる鍵を解錠する事が出来るのです。
ピッキングによる犯行が多用された理由としては、解錠までに時間がかからない事や、大きな音を立てずに出来る事、シリンダーを壊さずに犯行を行えることなどがあげられます。
また、素人であっても練習をすれば比較的簡単に短時間で解錠する事が出来るようになってしまう事も、ピッキングによる犯行を増やす原因となりました。

空き巣が嫌うこと

鍵破りに時間がかかる事を、空き巣は嫌うと言われています。
時間がかかればかかるほど、誰かに見られたり、住人が帰宅したりといったリスクが高まるためです。
このため、数分かけても鍵破り出来なかった場合は犯行自体をあきらめる空き巣もいるのです。
シリンダーを壊さずに解錠できるため、犯行後に再び施錠する事も出来ます。
そうする事で、犯行を行った痕跡が残らないため、住民が帰宅後も侵入された事に気づかれにくくする事が出来るのです。
空き巣狙いの中には、同じ物件を繰り返し狙うという手口を使うものもあるため、犯行に気付かないと複数回にわたって同じ空き巣による被害を受ける事もあるのです。
このような点から、一時期はピッキングによる空き巣被害が増加しましたが、ピッキング被害防止のシリンダーが流通した事から、近年ではその被害の件数は減少しています。
ただし、サムターン回しやバイパス解錠などといった他の手口による犯行が行われるようになっています。
また、ドア以外にも、窓やベランダなどといった他の場所からの侵入も多いため、家全体を対象とした総合的な防犯対策を行っていきましょう。