鍵破りで気を付けたい「サムターン回し」

サンターン回し

旅行などで長期に家を空けなくても、
ちょっと買い物に行ったり仕事に行ったりするときには多くの人は家に鍵を閉めると思います。

防犯のためにはもっとも簡単で、安全な方法です。
特に高い階層のマンションに住んでいるとベランダからの侵入は難しいと判断しているので、
玄関の施錠には気を遣っていることと思います。

しかし、残念なことにせっかく戸締りをきちんとしていても窃盗に入られてしまうと恐れがあるのです。
すぐに思いつく手口はピッキングです。
これは、鍵穴に工具を入れて鍵がなくても開けてしまうという方法になります。

窃盗に入る際、窃盗犯は時間との勝負で、
そのため複雑な構造の鍵は避ける可能性があります。

ピッキング対策としては、そういった鍵を取り付けるという方法があるでしょう。
ならば、複雑な構造の鍵を取り付ければ安心なのかというとそうとも限りません。

最近話題になっている開錠方法は、いくら鍵の構造が複雑でも開けることが可能です。
「サムターン回し」と呼ばれる方法です。

サムターンとは外側の鍵穴ではなく、
内側から施錠できる指でつまむことができる部分の名前になります。
大半のものは回すだけで施錠が可能なはずです。

逆にドアを開けるときも回すだけですし、鍵はいりませんよね。
そのサムターンを外側から回して開錠してしまう方法が「サムターン回し」と呼ばれています。

新聞受けの隙間やドアの隙間から工具を差し込み開けてしまうのです。
ドアが丈夫でない場合は、ドリルで鍵穴の横に穴をあけて工具を入れることもあります。

この方法だと、いくら鍵の構造が複雑になっても関係なく、施錠されてしまいます。
最近の主流の手口になっているようなので、注意が必要です。

サムターンを何かで覆ってしまう

しかし、鍵を変えても同じであるのなら、
どうやって対策をとったらいいのか頭を抱えてしまいますよね。

実は、サムターン回しは簡単に防ぐ方法があるのですが、
この開錠方法はある大前提のもとに成り立っています。

それは、サムターンの周りに障害物がないということで、
逆に言えば障害物があれがうまくいきません。
そのため、防ぐためにはサムターンを何かで覆ってしまえばいいのです。

そのような防犯グッズは多数販売されていますので、確認してみてください。
そうすれば外側から開けることはできなくなります。
先ほども言いましたが、窃盗犯は時間をとても気にします。

いつ、住人が帰ってくるかわからないわけですから、
早く侵入して金目のものを盗みたいのです。

そのため、防犯グッズを付けておけば、
間違いなく時間稼ぎになりますので侵入をあきらめる可能性が高いのです。

自分の安全な住処を守るためにも対策をすることをお勧めします。