1. >
  2. >
  3. サムターン回しとは

サムターン回しとは

サムターン回しとは

錠を開ける方法はピッキングだけではありません。ピッキングは相当な知識と技術それから道具がなければできません。時間もかかると思います。が、その技術を必要としない方法もあるのです。
まあ、他の技術と道具が必要にはなりますが、
自分も知るまでは盲点と言っても良いような方法だったのです。
それがサムターン回しです。

サムターンはドアの内側にあるつまみの部分のことです。
普通は鍵は外側からしか使いません。
まれに両側とも鍵穴がありサムターンが無いものもありますが、
普段守るものがある側から無い側に出るときに
いちいち鍵を取り出して外に出ることにあまり手間はかけたくないでしょうから、
サムターンを付けてその手間を省くのが一般的だと思います。
これで内側からはとても楽に鍵を開けることができるのですが、
しかし、それは犯罪者にとっても狙い目だったのです。

鍵をいくら複雑にしてもこのサムターン回しをされてしまえばどんな鍵でも同じになってしまいます。
このサムターン回しのことを念頭に置かなければ防犯対策は不完全なものとなってしまいます。
サムターン回しのポイントはどのようにサムターンに道具を届かせるか、
またはサムターンをうまく回す道具を用意するかになると思います。

現代の住宅はとても気密性に優れ、
玄関なども特にマンションのような建物であれば隙間など無いように思えます。
ですから、油断をしがちですが、犯罪者側もいろいろと考えているようでその道具を進化させているようです。
とても長くて丈夫な金属のようなものであれば少し遠い窓からでもサムターンを回すことが出来そうですし、
もしも機械の知識に長けた犯人であれば
小型のロボットのようなものを使って開けさせることもできるかもしれないのです。
また、そのような複雑で高度な技術を使わなくても、
ドリルなどで小さな穴を開けてそこから道具を差し込むようなことも以前から使われている方法であるようです。

住居侵入の目的

住居侵入は色々な目的があって行われるようで、
もしも侵入したことを気づかせないようにしたいのなら、
その痕跡を残さないように侵入しようとするのですが、
このサムターン回しはその時にその痕跡を残しにくい方法でもあるようです。
道具次第では傷も残りにくいですし、外に出てまた鍵を閉めることも、
開けた時の反対を行えばできるのです。

マンションのドアに郵便受けが付いているものが多いと思いますが、
この郵便受けがサムターン回しには良く使われるようです。ドアに付いていますから、
鍵まではとても近いです。
中が見えないようなつくりにはなっていますが、
鏡や小型カメラなどを使って中を、サムターンを見るようにすることはできるのではないかと思います。
そして器用な犯人がその目的で作った道具でサムターンを回せば簡単に鍵が開いてしまうでしょう。
これを防ぐには逆にサムターン回しの知識を持ってその対策をしなければ
とても防ぎきれないのではないかと思ってしまいます。